忍者ブログ
[213]  [212]  [211]  [210]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202

MBTのオールソール例です。

MBTの輸入業者がソール交換修理の受付を止めたため、販売店も当初アナウンスしていた修理が出来長く履けますという言い方から、履きつぶしてくださいという話に換えている様です。




MBTでよく起きるかかと部分のPU崩壊例ですが、ソール全体も崩壊が始まっていましたので、今回はソールの全交換を行います。




ソールを分解途中の画像です。
内部には独特の形状をしたシャンクが入っており、これをどう戻すかが修理技術者の腕の見せ所でしょうか。
(修理店によってはヒールの無い靴だからシャンクは不要という判断もあるかと思いますが、当店はシャンクを戻しています)




以前と全く同じ硬度のパーツは用意できなかったので履いた時の感じは変わってしまいますが、かかと部分のパーツはソール全体の硬度よりも柔らかい素材にしてあります。
(今回の事例ではソール基部はショアA35、青いかかと部分はショアA30にしてあります)



ソールのカーブラインも計測値に合わせて加工し、元と同じになる様調整してあります。

今回アウトソールはMDソールにしてみました。


ちなみにこの程度の修理であれば、オールソールを受け付けている普通の靴修理店で交換可能です。

ソール硬度やソールラインの形状を無視した単純な交換であれば、他店での費用は1万程度と思われます。

拍手[0回]

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]