忍者ブログ
[258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248

久々の更新です。


他業者で修理された「MBT」加水分解靴のオールソール済品を、なぜかうちで再修理することになりまして、この他業者の付けたソールを取り外している最中に指をスパッと切ってしまった性で、作業は予定よりもかなり遅れてます。

いやぁ~~、この【MBT】修理が得意という他業者のやった修理済品の、修理内容があんまりにもひでぇんだもの・・・

この業者が付けたソールを綺麗に外すのだけでも一苦労な上に、変にシャンク入れてあった性で指まで切れて・・・


今回の他業者がやっていたMBTの不都合個所は写真を撮って有りますので、うちでの再修理後の写真も含めていずれ本サイトに上げる予定です。

こうご期待。



しかし、MBTの加水分解したポリウレタンソールをグラインダーで削り取ったというのは、アプローチの方法は別としても、負荷のかかっている千鳥縫いをズタズタに削っておいて、削った縫い箇所の縫い直しもせず、豚革を絆創膏の様にペタッと貼って縫い糸切れ(実際は他業者の作業不手際で起きた縫い糸切れ)補修を終わりにするとか、中に入ってる特殊な形状の樹脂製シャンク(MBTの主要パーツ)は捨てて普通の鋼シャンクに換えてみたりと、MBTの機能を大胆に捨てさってくれた割には、ソールカーブだけ独特なソールの形の再現をしておいて、どうのこうのと有難そうな文句を垂れられてもねぇ~~

それなら靴底は普通の靴底のデザインにした方が性能や機能の面から見てもいいと思うし、修理費も15,000円越えにはならないでしょう?!

うちの場合、MBTのオールソールは14,000円(税別)が基本料ですが、元の樹脂製シャンクは再使用してなるべく元に近づけるよう努力してますよ~。
これがどういう事かは、MBTのオールソールをした経験のある業者なら判ると思うので、ぜひ対抗してきてね~~。





いやさ、業者さんの腕自慢はいいんですよ、いくらしていただいても。

業界歴〇〇年も、いくらでも言っていただいていいんですよ。

それに専門店といくら名乗っていただいても構いませんし。

でも、プロを謳う以上はプライド責任を持ち、見えないところこそちゃんと修理して欲しいんですよね。

プライドだけは高くても、見えない部分は別にいいだろって思ってるナンチャッテ業者ほど、裏ではシレッとひどい事しているもんなんですよ。

そして、どの業者も大体同じようなことしてるから、こりゃひでぇって言うこともまず無いんです。

一般人に見えないところは手を抜いて、見えるとこだけに金を掛ければ儲かる、これはどんな業界でも同じなんですけどね~~



ちなみに、これから作業するMBTの再修理品ですけど、どうやっても元々入っていたシャンク材は入手できないので、大変不本意ですが鋼シャンクのまま再修理する予定です。

あとソールに使用する材料ですけど、なるべく硬度も元に近い様にするべく、気心の知れた材料屋さんとあーでもないこーでもないと打ち合わせてみると、案外普通に作ってくれるもんです。



にしても、ザックリ切れてて仕事にならんぞ・・・


拍手[0回]

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]