忍者ブログ
Title list of 靴修理
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

ファスナーのスライダー交換です。




スライダーが砕け散っています。





砕け散ったスライダーを取り外し、新しいスライダーを取り付けました。



拍手[0回]

PR

怪我も落ち着き作業の再開が出来ましたことを、ご報告させていただきます。

ただ今しばらくは予定納期を超える可能性がある点を、ご理解いただければと思います。


修理例写真も作業前に撮っていたものの、修理完了後はとにかく早く納品しなければとしか頭にない状態で、この様に修理前の写真だけ手元に残ってしまいました。

















もう少し納期を短く出来れば、修理前後の写真も残せるようになるかと思います。
 



拍手[2回]


他店が修理した後から履き辛くなったので、原因を視て欲しいとのご依頼がありました。




ストレッチウォーカーを購入した店舗でかかと部分の補修を依頼した後、かかと部分に違和感(異物感)が出て履けなくなったので、原因を視て欲しいとのご依頼です。




この販売店が作ったオリジナルインソールを取り外してみると、補修した際の余り革が内部にせり出した状態で残っていました。

普通の靴修理店であればせり出したまま終わらせてしまう業者も多いのですが、インソールを作っている業者なら判る通り、この程度のでっぱりでも足に触りが出るのでせり出した部分は切り取っておくのがセオリーです。




後から貼られた当て革を取り外した所、履き口の縫い目より深く縫い付けてあったので、この縫い方もアタリ原因の一つの様です。




内部を分離して更に状況を確認した所、主原因は履き口上端にあるはずのスポンジパッドが、かかと中心部にわざとずらして貼り付けてあったためと判明しました。





元々あったはずの位置にスポンジパッドを移動させ、無理やり折り込まれていた元のすべり革も修正します。


 


製造時に近い形に縫い直して、再修理完了です。




インソールを作っている業者なら知っている通り、米粒ほどの高さでも違和感は出てくるので、余分な場所に段差は作らないように注意したほうが良いと思います。



こんな荒い修理をしてボリ放題の経営スタンスが成り立つとは、うらやましい限りです・・・


拍手[4回]


ルイ・ヴィトンの靴底が割れたものの修理です。




ルイ・ヴィトンストアに修理依頼をしても直せませんと断られたため、当店にお持込になられました。


元と同じイメージになる様靴底を作り上げたのですが、いつもの様に
修理後の写真は撮り忘れました・・・



拍手[1回]


磨り減り補修などの例です。




上記クラークス写真は、履き込みによる踵部の磨り減り例です。

すでにソールを分離し丸洗いを行った段階で写真を撮ることを思い立ちましたので、残念ながら不良時の全体写真はありません。

この磨り減り部の革を取り外し新たに部品を作って、補強用としてカウンターを組み込んでから縫い直し、ソールを新規に取り付ける修理を行います。

修理が完了した際に写真を撮る余裕があれば、後日例としてあげる予定です。



次に違う内容で、登山靴を例にした修理後のコバの解説です。



修理でソールを貼った段階では、基本的にはソールが靴よりはみ出すようにします。

このはみ出したソールを削るか切り取る作業をして、ソールの成形を行います。




上記写真の片方は削ってソール成形を行ったもの、もう片方は削る前です。


ソールを成形する際は、元のコバも同時に削り込むか切り取りをすると、コバの断面は綺麗に仕上がります。

ただし元あったコバの幅を追い込んでいきますから、追い込みをするほどコバの幅が痩せてきます。

当店では、この痩せを起こさないようにギリギリの線で追い込みを行っております。


コバが痩せを起こしてアイゼンが緩くなったり、地面への接地面が少なくなって不安定にならないよう、当店では細心の注意を払って作業を行っております。



拍手[6回]

PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]