忍者ブログ
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [196]  [197]  [195]  [194]  [193]  [192

靴底に使用するねじについてです。

現在では靴底に取り付けるトウスチールや、登山靴の剥がれ防止に使用するネジは、全てと言っていいほどプラスねじが使用されています。





現在ではマイナスねじの入手が少し難しいという欠点はありますが、マイナスねじにメリットは無いのでしょうか。

まず、プラスねじはマイナスねじよりも締め付け作業が簡単で効率的である点、またねじの入手も容易です。

マイナスねじを入手しようとすると、材質や長さによっては非常に困難な場合がありますし、量も特注扱いでロット買しか方法の無いことが多いです。

ただ、マイナスねじはトルクを強く掛けられるため、プラスねじよりも良く締められるという利点があります。

また、プラスねじは摩耗するとねじ穴にドライバーを入れても、滑ってしまいねじ穴をつぶしてしまいますが、マイナスねじの場合は溝さえあれば締めたり緩めたりすることが出来ます。

他に一番重要な点としては、泥やごみといった異物が挟まっても、容易に取り除くことが出来るという点です。

プラスねじの場合、内部に異物が挟まると取り除くことは困難ですが、マイナスねじの場合は横に移動させるだけで異物を取り除くことが出来るため、必要に応じて増し締めをすることも簡単です。

これが一般的なトウスチールでしたら増し締めの必要もないのでしょうが、登山靴の場合ゆるみが気になり増し締めをしようとした際、プラスねじでは増し締めも容易には出来ません。

もちろんですが、プラスねじを使用してある靴を修理しようとすれば、+ドライバーで外すことが出来ませんから、ねじを取り除くための余分な作業が追加されます。



当店で使用しているマイナスねじの一例です



出かける際にネジの締まりが完全な状態で何も問題は起きないという確証のある方であれば、全く気にする必要のない些細な内容なのですが、マイナスねじの意味を理解された上でご判断なさることをお勧めいたします。

※工業系の方でしたら、プラスとマイナスの意味をよりよくご理解いただけるものと思います。

雑談ですと、過去勤めていた業界ではねじやボルトをよく使う仕事でしたが、個人事業者の方で装飾箇所のねじやボルト頭は全て同じ角度(プラスなら全て+の位置)に揃えるという、こだわりの技術者が居たのを思い出します。



拍手[3回]

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]