忍者ブログ

ダンスコ修理は専門家しか出来ませんとか、修理すっげー難しいから専門技術が必要と言ってる業者も居るそうです。

いや~~あんなの、素人さんの方が出来ますよ。


なにをーー?!と思ったあなた。同業者ですか?



素人さんでもDIY好きの人なら、エアタッカーくらいは知ってます。
で、元のステープルを抜いて、ごにょごにょ直して、また打ち直しゃええんですよ。



でもね、エアタッカーってお高いんでしょ~~?


まあ、高いと言えば高いですかね~。

怪しいのでもいいんなら、大手通販なんかで買ってもいいかと。
エアタッカーの価値を見出せる人なら、値段については痛くも痒くもなしだと思いますが。


そもそもエアタッカーってなんだかよく分からないよーーという人は、元からあきらめてください。



という話でした。



PS 
ダンスコPU底のオールソールでステープル止法、理論と試作は完成しました。
あとは値段を決めて実行するのみです。

拍手[2回]

PR

いらっしゃいの件ですが、納期の遅れで出来上がり後にすぐ梱包・発送したため見事に写真を撮り忘れたので、本サイトにアップは断念となりました・・・

なので、途中まで撮っていた写真をこっちにアップします。
















と、こんな感じです。


元の形状に合わせた木型を作って、そこから現在の足に合わせた木型を作り直して、傷んでいるパーツを交換して釣り直して、ソールのパーツを組み戻して終わりという内容でした。

この手の修理は、「靴学校や靴修理教室で学んだよ~」という人物だったり、他店の断る難解な修理も出来ますと謳う修理店だったり、すごい職人歴な人だとシレッと出来る内容なので、ぜひ依頼してください。
他としては、全国展開のお店やFC展開をしている会社なんかでも、セントラルリペアという難解な修理を専門に担当する部門を持っているので、窓口店舗へお気軽にご依頼してください。


あとはどれだけ修理費用が掛かるか、というところでしょうか・・・

顔なじみとかご贔屓さんといった信頼関係があれば、業者も頑張ってくれるんじゃないですかね?

かかと修理の時はニコニコ対応をしてくれていたのに、この手の相談時には話さえ聞いてもらえずに追い返されるようでしたら、貴方は「いいカモ」だったって事だと思います・・・



拍手[0回]


靴ひもの通し部品の補修例です。



つま先部分に取り付けられていた樹脂製の靴ひも通しが千切れたため、交換補修を行います。




黒牛革を二枚張り合わせ、中間部には補強材を入れる事で強度を増した部品を作成し、元の位置に取り付けました。

同じ様な色のハトメを取り付けして、なるべく見た目も元と同じ様にしてみました。




拍手[0回]


靴修理例です。





かかとのすり減りを補修しました。

かかと修理をした後で気付きましたが、靴修理店が名前を上げたがるブランドの一つ、オーロラシューズだったんですね。

オールソールだけしか選択肢は無い、という訳ではなく、すり減ったかかとだけを修理することも出来ます。

費用もかかと修理の価格で済みますから、どうしても元と同じソールでオールソール交換しか考えられないと言う方以外は、選択肢の一つとしてどうぞ。



拍手[1回]


靴底に使用するねじについてです。

現在では靴底に取り付けるトウスチールや、登山靴の剥がれ防止に使用するネジは、全てと言っていいほどプラスねじが使用されています。





現在ではマイナスねじの入手が少し難しいという欠点はありますが、マイナスねじにメリットは無いのでしょうか。

まず、プラスねじはマイナスねじよりも締め付け作業が簡単で効率的である点、またねじの入手も容易です。

マイナスねじを入手しようとすると、材質や長さによっては非常に困難な場合がありますし、量も特注扱いでロット買しか方法の無いことが多いです。

ただ、マイナスねじはトルクを強く掛けられるため、プラスねじよりも良く締められるという利点があります。

また、プラスねじは摩耗するとねじ穴にドライバーを入れても、滑ってしまいねじ穴をつぶしてしまいますが、マイナスねじの場合は溝さえあれば締めたり緩めたりすることが出来ます。

他に一番重要な点としては、泥やごみといった異物が挟まっても、容易に取り除くことが出来るという点です。

プラスねじの場合、内部に異物が挟まると取り除くことは困難ですが、マイナスねじの場合は横に移動させるだけで異物を取り除くことが出来るため、必要に応じて増し締めをすることも簡単です。

これが一般的なトウスチールでしたら増し締めの必要もないのでしょうが、登山靴の場合ゆるみが気になり増し締めをしようとした際、プラスねじでは増し締めも容易には出来ません。

もちろんですが、プラスねじを使用してある靴を修理しようとすれば、+ドライバーで外すことが出来ませんから、ねじを取り除くための余分な作業が追加されます。



当店で使用しているマイナスねじの一例です



出かける際にネジの締まりが完全な状態で何も問題は起きないという確証のある方であれば、全く気にする必要のない些細な内容なのですが、マイナスねじの意味を理解された上でご判断なさることをお勧めいたします。

※工業系の方でしたら、プラスとマイナスの意味をよりよくご理解いただけるものと思います。

雑談ですと、過去勤めていた業界ではねじやボルトをよく使う仕事でしたが、個人事業者の方で装飾箇所のねじやボルト頭は全て同じ角度(プラスなら全て+の位置)に揃えるという、こだわりの技術者が居たのを思い出します。



拍手[3回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]