忍者ブログ
Title list of 雑記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
書く順番が狂ってしまいましたが、予告していた話を。


今も昔も進学塾って、いっぱいありますけども、近年巷で話題なのは「家庭教師の〇〇〇」でしょうね。

色々なネタがあって、しかもCMキャラは親世代に合わせた懐かしキャラといった、訴求しまくりツボ押しまくりなところがいいですよね。


と、塾の指導方法としても個別授業に講義タイプ、ネット配信などなど色々あるんですが、一般的には個別授業や少数講義の方が、学生個々の理解度に合わせてきめ細やかな指導を行えるので、学生の理解力は上がり易いと言われてます。

まあ、指導者がいいと学生も付いて来て理解度も上がりますけど、指導者が変だと個別授業でも学生は嫌がって身に付かない…なんてことになりますけど。



さて、今年のある医療国家資格は、学校別で両極端な合格率になっておりましたが、各学校の公開している資料を見比べていると、「んおっ?」と思う部分があるんです。

それは、学年単位の学生数です。


最初に書いた一般論で話を進めれば、学生数の少ない学校は合格率は高くなっててもいいんですけど、学生数の少ない学校が、なぜか合格率を下げていたりします。

どういうことなの?

少人数なら指導者の目も届きやすいので、学生の理解度も把握しやすく、落ちこぼれって出にくいはずなんですけどねぇ。

あと、まだ目標の決まっていない子なら勉強に身が入らないという事もあるでしょうけど、国家資格取得を最終目標とする学科に就学しているならば、勉強に身が入らなくて・・・ということも無いはず。

逆に身に入らないのなら、早く進路を変えた方がいいと思いますし。

ということで、学生数の少ない学校は、学生数の多い学校よりもきめ細やかに指導を行えるはずですから、最終目標の国家試験合格だって全員合格、桜は満開になるはずなんです。よ?ね?






でも、よく考えたら、別に学生が勉強しようがしまいが、学校側にとってはどうでもいい事なんです。

とにかく学生の落とすかね、カネ、金なんです。

金さえ入れば「学生の努力が足りない」「当初の目的が変わっても、君の自由だ」と言うだけで済むんですし、事実そうなんですから、学校の指導法がどうのとか、指導内容がどうのとかといちいち難癖をつけてくる奴の話を、気に掛けてちゃあダメですよ~~~。


という話を、ある大学教授やグループ構成員が何年も前から自身の掲示板などで発言してますので、気になる方は探してみましょう~~~。


あと、この大学教授の所属しているグループのブレーンも、これまた自身のサイト内で「学生が増えると今後の〇〇業界は大変になる」とか、「資格者が増えると仕事の奪い合いになって収入も落ちる」等と書かれておられましたので、試験を難しくして合格者を減らした方が業界は安泰って事でしょうかね~~~??



拍手[0回]

PR
今回は単なる備忘録です。

50 200
21 14 35 12 4 16 25 8 33 21 11 32 79 37 116 33------58.0

謎の数字の羅列にも見えますが、暗号とかではないです。


まあ、ある所の動向を示すデータ、とだけ言っときます。
こんなデータでも見方によっては案外面白いんですよ。

しかしまあ、何と言ったらよいのか・・・・経営側として見るとヤバイよな、この数字って。




拍手[0回]


今日はなんと、一日に2回更新です。



あるグループでは、絶対に触れない話題ですよ。



中医協ニュース
http://chuikyo.news/


このサイト内の、
(抜粋)第436回中医協総会(2019年11月27日水)【議事録】義肢装具の議論

が面白いですよ。


いやあ、健康保険組合連合会さん、めっちゃ頑張ってくれてます。


そういえば、中日本のとある方が、【厚生労働省】を猛プッシュしてましたが、どっちかと言えば【厚生労働省】は誰かさん側の味方してる感じですよね、この議事録見る限りでは。


当方は、健康保険組合連合会を猛プッシュします。




拍手[0回]


やりましたよ。



いやー、やっと資料が医進ネットに上がったので、見てきましたよ。




ついにワースト返上じゃないですか!!!



おめでとう



こりゃあ、学校あげてのお祭りだねっっっっ!!!!

ついでに、とあるグループもお祝いの御言葉を発信しないとねっっ!!!!!



各大学の記念受験組の合格率も、一部を除いては良好だったようですよ。


ただ、一部の元記念受験組らしき子らも、どうやらリベンジ記念受験をしたようですが、やっぱり記念受験だけで終わったようです・・・・ま、遊びですしねっ。



しかしねぇ~~~、今回の受験者数って、どこもちょっと少なすぎません?

調整入ったかな?


そんな感じなのに、「あーーーーーーーーーっ」て所が2校も・・・・


うん、でも下馬評通りだったし、まぁそんなもんだよねってことで。





留年かぁ、普通の親御さんには辛いなぁ~~~~

学校側はホクホクですけど、、、ねっっっ???





結論:
身も心も寒々とする所は、何かがある。

拍手[0回]


現時点で確認できうる限りの合格率推移では、今回が一番合格率の低い回でした。

更に、今回は受験者数も例年に比べて少ないし、一体どうなってるんでしょう・・・
 

とりあえずは、各学校別の合格データが出てくるのを待ちましょうかね。






あっ、そういえば早速合格率100%発表をしてる学校がありますよ。
普通の感覚だと、自校の学生が努力した結果、全員合格を勝ち取ったら「みんな合格したよー」って言いたくなるもんだよね~。イエーイ。



言わないところは・・・・?





拍手[0回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2020 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]