忍者ブログ
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229

全国展開している登山用品店Kで購入したLOWA軽登山靴をKにて修理してもらい使用を続けていたが、補修された箇所が傷んできたため当店にてオールソール交換作業を行おうとした際に確認した、Kの下請け修理業者により起こされていた構造破壊の事例です。











このタイプの場合、インジェクション製法でソール部分が作成されていますが、Kで修理した際になぜかふち巻ゴム(ラウンドラバーと言われているもの)が貼られており、その下部にビブラム製カップソールを取り付けてありました。

この追加で取り付けられたふち巻ゴムにひび割れと剥離が起きている為、全交換を行うべく分解を進めていきます。




カップソールを取り外してみると、元々この登山靴にはソール全面に樹脂製のシャンクが入っているはずなのですが、元あるはずのシャンクは無く、なぜか追加でパルプボードが貼り付けてありました。
これは何らかの理由で再使用出来なくなった元のシャンクの代わりに用意した、新規カップソール材のシャンクがそのまま取り付けると中底から靴内に飛び出してしまうため、飛び出さないためのガードの役割として貼った様です。




この新規に付けたソールを取り外した上で、他店が言うラウンドラバーを分離しようとすると、本来縫い合わせてあるはずのアッパーと中底の縫い糸は全て断裂した状態でした。










元々ポリウレタンのソールはインジェクションで一体成型している為に、普通の作業方法では靴本体との分離作業が難しいと言うのはありますが、グラインダーで見事に全周を削り取って縫い糸を断裂させ、そのごまかしにラウンドラバーを貼っていたというのは、ただただ閉口するだけです。


それでも「縫い糸なんて切っても問題ない」と言う業者や関係者がいても、それは個々の自由な考えなんですし、街中を歩いて靴が壊れても死ぬことはないでしょうけど、けど、山の上で登山靴が壊れたら最悪お客様は死にます。



関わった業者や関係者は絶対に死にませんが、最悪お客様は死にます。
ただそれだけのことです。




中底と靴本体を縫い付けて、いわゆる足袋のような袋状に縫製してある物の縫い目を断裂させれば、はじけてしまって足を保持できなくなることは、靴も作っている業者なら判っているのが当然な訳で、断裂させてしまった縫い糸を何らかの形で縫い糸を補修してあるか、最低でも試みた跡がみられるもんです。

くつのプロと言ってみたり、くつが何チャラだとか語ったりしてないで、自分の所がどんな修理してるのかくらい判ったうえで、それでも問題ないという考えでしたらいくらでも語ってください。
あと縫い目がどうのとか言ってないで、逆に縫い糸切っても問題ナッシングと言うべきじゃないかと思ったりもします。


まあ、自分の知らない内に従業員が勝手にしていただけで、自分に責任はないと言うのは、世の中の定番ですけどねっっっ。





さあ、貴方は無責任な人に寛容ですか?


拍手[1回]

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2018 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]