忍者ブログ
[264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254

ここの所、市内の他店(複数業者)でタノシイ事を言われたお客様方がお越しになられました。


例えば、「エアモックの底が剥がれたのが貼れるかどうかわからんし保証もせんけど、作業費10,000円いただきます。」って言われたそうですが、これって何かのネタ?

すげえ腕の修理人を雇っているというリペア専門工房まで作っておいて、そんな様なの?
新品販売額が実勢価格1万円切ってる事を逆手に取った高尚なネタかな?



例えば、履き口破れたスニーカー直すのに、1か所1万近く掛かりますって、この業者の目線だとどんだけひどい傷みに見えたのよ?



岡山は訳わからん事と額を言うのが今のトレンドなんかな?
クッソーノリオクレテルワーー



さて、こういうタノシイ事を放言する業者ほど、消費税増税時にシレッと「材料原価高騰につき、値上げいたします」とか、「頑張ってコストを下げる努力をしてきましたが、これ以上は厳しい為断腸の思いで値上げさせていただきます」と謳うことでしょう。



まあ、靴修理の対応時間と靴販売の対応時間を比較すれば、靴売った方が時間当たりの利益額は半端なく高いしね~~~

あと、能ある鷹は爪を隠すというコトワザもある通り、客には絵に描いた餅を見せときゃええんですよ。(諺の使い方が違うという突っ込みは不要です)


餅が食いたいという客が来ても、お断りスキルを使って華麗にスルー出来る奴こそ、マス〇ミ認定のプロフェッショナルというもんです。

で、「修理額高ーいので、新品買った方が得っすよ~~~」と言葉巧みに靴販売コーナーへと誘導いたしまーす。

ま、どうしても餅を食いたいと言い張る客が来ても、めちゃ吹っかけた額となぜか年単位になる納期をにべもなく突き付けて追い返しときゃ、ええんですよ。




以上

拍手[0回]

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]