忍者ブログ

スニーカー修理、どこの修理屋でも受け付ける様になってきたのは、とてもいいことだと思います。


一昔前はどこの修理屋も、「直るかよ!持ってくんじゃねーよ!」とか、「お客さーん、そんなん直したいだなんて、〇大丈夫?」なんて感じであしらってたんですが、今じゃスニーカー直せますも言えない修理屋はダメダメになってきたのも、世の流れなんでしょうかねぇ・・・


で、スニーカー修理出来ますと言う修理店は皆腕自慢で、靴の知識と理解度もすごいんですが、スニーカーの修理をした後の状態を見ると、「ん?」と思うのもあるんです。

何に疑問を感じているのかと言いますと、「フニャフニャにして欲しいと言われたん?」という修理をした物が多い点についてです。

まあ、頭のいい人たちが作業してるんですから、理由が有って敢えてフニャフニャにして、「これはカスタムです。」とか言うんでしょうなぁ。

元とは違うんだからカスタム。

カスタム万歳!



あと、「これって修理したら買うより高くなりますよ~」も常套句ですね。

「とりあえずビール!」みたいな感じに靴業界ではよく使う言葉ですので、業界用語として辞典に登録して欲しいもんです。


ちなみに、うちの修理事例に上げてるPUスニーカーのオールソール、あれの修理額ですけど基本額は、13,000円(税別)だったりします。

まあ、うちの受付法の点からあまり公には上げないんですが、技術的にも内容的にも、この辺が相場なんじゃないすか?

基本額が15,000円を超え始める様だと、足元を見てボッてると思いますよ。

でも、腕がいいお店とかマス〇ミに取り上げられる有名店なら、ブランド料がついて高い費用になってるというのもあるんでしょうから、決してボッてる訳ではないのかもしれませんが。



最後に、この記事を見てうちにスニーカーを送ろうと考えた方、残念ですがスニーカー修理は持込された方のみ対応なんです。

うちに持込できない方は、近くのスニーカー修理自慢の店か、ネット受付のお店に出してください。

修理費用の価格交渉は出した店と直談判でお願いします。




拍手[1回]

PR

スニーカー、オールソール例です。




エアー部分が劣化により砕けており、ポリウレタンミッドソールも加水分解による劣化が起きていますので、オールソール交換作業を行います。





オールソール作業後です。

ソールは元のソールを移植しましたが、土踏まず部分の樹脂パーツは硬化が進んでいたため、別パーツを作り組み直しました。



スニーカー修理は当店にお持込いただいた方のみ対応しております。

メール、電話等でスニーカー修理のお問い合わせをいただいてもお答え致しませんので、ご注意願います。
※来店日時の打ち合わせについては承っております。



拍手[0回]


スニーカーのオールソール修理例です。




ミッドソールに使用されているポリウレタン材が劣化し、ソールの崩れを起こしています。





ミッドソール部のサイドラインを元と同様に見える様に修正し、アウトソールにはMD
ソールを取り付けました。

修理後のミッドソール形状は元同様のカップ形状に加工していますので、安定性もあります。


なおスニーカー修理に関しては、お持込された方のみ受付対応となりますので、ご注意ください。



拍手[0回]


ナイキ エアマックス95のオールソール交換です。

元の状態









交換後の状態







見た目を同じ感じに近づけてみました。

ソールは元のソールをそのまま移植しています。


なおスニーカー修理は、お持込のみの対応です。
運送便で送ってこられた場合は、一切対応しませんのでご注意ください。




拍手[2回]


ナイキ スニーカーのオールソール交換例です。




ソールが加水分解劣化で崩壊していますので、ソールを全交換する作業を行います。





ソール交換後です。

アウトソールには、MDソールの黒色を使用しました。

今後はアウトソールのみの交換も可能です。

エアークッションの復元については、協力企業から今後の受付は不可能との連絡が来たためエアークッションを組み直すことは出来なくなりましたが、違う素材を使用しエアークッションに近い性能を持たせる方法で修理することは可能です。


拍手[3回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]