忍者ブログ


フィンコンフォートです。


さて、有る所に、靴店と靴修理店の黄金ロードがあります。

この黄金ロード上に、靴店と靴修理店が立ち並んでいます。


で、「他店で断られた修理もご相談ください」とロード上のお店が謳っている訳です。

更に、「他店で断られた靴だったとしても、当店は基本断りません」というすごい腕のお店もあるワケです。

この黄金ロードを当たっていけば何でも解決できそうなのは、誰にでも分かることですね。



はい、トップの写真、フィンコンフォートです。



一体どういう経緯でうちの手元にあるんでしょうか?

さて、どうしましょう?




とりあえず、ソールをナイフでスライスして。





足し物をして。





完了。




下は他のPU靴、これは違う地域からの依頼ですが。





MBTです。

例のマサイセンサーが壊れますと言うやつです。

多分、本サイトで修理実例に上げると思います。




うーーーん。ここで疑問。



業者が言う「基本断りません」の「基本」って、何が「基本」なんでしょう?

PUが基本から外れているのは、今までの経験からみて間違いない様なんですが。


革底の靴がホンモノノクツであって、PU底はゴミの靴って事でしょうか?


まぁ、売る側にとってPU底の靴ほど儲かるものはないですからなぁ~~

直せませんって言っときゃいいからなぁ~~

直せない靴なんだから、パッと新品買いましょうよ。と畳みかければイチコロです。

それでもどうしても直したいという客には、「お客さん、新品買う金もないの?プッ」って顔すりゃOK。

「一体何しに来たの?商売の邪魔しないでよねっっっ」といった塩対応も、修理希望の客を追い払うには効果的です。



修理する側については、
「PU底はネチョネチョして機械がダメになるんですぅ~。」
(機械はダメにならないけど、ダメになるって言うと修理をあきらめる客は多いんだよね)





「PU底は綺麗に取れないんですぅ~~。」
(ほんとは下の様に綺麗に取れるけど、取れないって言えば大抵あきらめるもんよ)





「だからPU底の修理は無理なんですぅ~~。」
(これだけ言ってあきらめなくても、最後は吹っかければ100%あきらめるのさ)


と、どうしようも出来ない感を出しつつ(あきらめさせる腹積もりをしといて)、表面上は申し訳なさそうな顔をして断ってくるんですから、これまたどうにもなりません。

あぁ、コストの問題で出来ないんですと言うのも有りかも。

コストが掛かるんならお客さんにその分を請求すればいいだけじゃないでしょうか・・・?

と突っ込み出来る内容でも、この業界ってそういう業界なので問題なしなんですよ。

「これの修理?無理。以上。」と速攻で終わらせて、有無を言わせないというやり方も王道です。



修理屋にとってのおいしい修理とは、ピンヒールとかかとの修理、あとは見せ応えのある革底のオールソールですから。



さぁ、ケンイあるマス〇ミ様がよいしょするお店に靴修理の相談に行って、とっても残念な回答を突き付けられたとしても、マス〇ミ様への広告出稿主様が出された結果なんですし、業界歴〇〇年もある神様クラス技術者の御言葉なんですから、アリガタヤとガッショウして帰りましょう。



ほんま、2日間立て続けに直りませんと他店で修理を断られたっていうお客さんが来店したらさぁ、あいつらいったい靴の学校で何を習ってきたのかとか、今業界歴〇〇年なら後〇年経ったら出来るようになるのかとか、よくわからんこと名乗ってるけど一体何様?とか、逆にそっちを知りたくなりましたよ。

拍手[0回]

PR

とりあえず写真を。




ニューバランスのミッドソール損壊です。



えーと、街中どこの修理屋さんもお忙しい様で何よりです。

他店で断られた靴や難しい修理などにも、出来る限り御答えされているらしいのに、なぜうちに相談が来てしまうんでしょうか?


上記の内容、オールソールの出来る腕の靴修理屋なら100%修理出来る内容なので、丁寧なお断りをする理由は見当たらないんですが。


普通に直せるはずの物でも、これは直らないですわぁ~と丁寧なお断りをしている業者さんたちは、一体誰の顔色を窺ってるんでしょうね?

今話題の忖度から断ってる、なんてね・・・




ちなみに、
「修理はうちでも出来ません、メーカーも拒否する修理ですから。
そもそも純正資材が手に入りませんので。」

という理由付けをして丁寧なお断りをする業者もいるそうですが、いや、あんたがネットに上げてるブランド品の靴底、純正品と違う材料で直してるじゃん。という突っ込みはしてあげない様に。




まあ、街中の修理屋さんは忙しくてこんなもんを相手にしてらんないっていうんなら、それも仕方のない事ですわねぇ。

違う意味で儲かってて笑いが止まらんのでしょうなぁ~~~

だからこんなのは相手にしてらんないんでしょうなぁ~~~




全く、ふざけんなよ。



つまり、この手の修理は受けませんっていう業者さんこそ、確かな腕のあるほんまもんのプロって事です。

都合のいい時は「確かな腕」「業界歴〇〇年」と言っといて、都合が悪くなると「技術がいるから云々・・・」なんて感じで丁寧に断っときゃいいんです。

周りの同業者もおんなじ解答してるんですから、自分は間違ってもいないし、悪いことは何もない!という理屈です。




ね?靴修理の業界って、いい業界でしょ~~?

これなら私にだってできるかも?と少しでも気になられた方は、ぜひ足を踏み外して入れて下さい。



拍手[1回]


横のつながりというのを察してみると、これがなかなか面白い物だったりします。

どこぞの学校法人の話とかもありますが、地元ではあまり語られないんですよねぇ。

まあ、色々ありますからね・・・。




という訳ではないのですが、有る所がインソールを期間限定販売されているそうです。

お値段、ビックリ価格にてご奉仕中。

う~~ん、ビックリ。




あれ?

インソールって・・・入ってるテナントがやってなかったっけ?

しかももっと安かったんとちがうかなぁ?

地元マスコミもあのテナントのインソールをよいしょしてたはず・・・なのに?


どこがどうなったら、ビックリ価格のインソール、期間限定発売だよ~~~となるわけです、かねぇ???




こりゃあ、ビックリ価格な分ものすごい期待値も高いが、性能も最高のインソールだといいなぁ。


って、テナントがプッシュしてたインソールって実際の所は良くなかったので、この度びっくり価格のインソールご登場に相成ったのかなぁとも考えたりしちゃうんですが、ほんとはどうなんでしょ?




まあ、ビックリ価格なんですから間違いなく性能も保証してくれるんでしょうけど、問題ありなら国民生活センターとか消費生活センターにしっかりと報告しましょうね。

あと場所貸ししたとこにもお上のお叱りが届くように、国民生活センターや消費生活センターにしっかりと伝えましょう。





拍手[0回]


過去に義肢装具士のとあるグループが、
「悪質な靴業者が日本にいるのは許せない!」
「みんなで悪質靴業者を訴えよう!」
「国民生活センターや各地の消費生活センターに通報して、対処してもらおう!」
「厚生労働省に通報して、逮捕してもらおう!」
等と言ってキャンペーンを行っておりましたが、なぜか未だに誇らしげな報告を出さないのが不思議でたまりません。

また、かのグループの一人が、同じ義肢装具士有資格者であり靴作りでも大先輩の方を、「あいつは無資格者だ!」と方々の医療機関や顧客の面前で宣っており、業界の代表者が集う集まり内でも「あの無資格者を雇っている会社がある」とほざいていたので、この方の勤める会社の社長が「何ふざけたことを言ってるんだ!」と叱っておられたという話を今でもたまに聞くのですが、懲りずに方々で言っているのでしょうか。


で、ここからが今日の本題ですが、最初に書いた通り、この義肢装具士の方々は「国民生活センターや消費生活センターに通報しよう!」というキャンペーンをしていた訳ですが、えーーと、少し前に消費生活センターから指導を受けた靴業者が居るという話を聞いたものでして、ならばこの義肢装具士グループの方々は鬼の首を取ったような乱痴気騒ぎを起こす特ダネと思っていたんですが、なぜか沈黙したままらしいんです・・・。


あれぇ~?自称情報ツウの方たちなのに、この情報だけは届いてないのかなぁ?

うちみたいな店にも届くほどのビッグな特ダネなのに、なぜ届かないのかなぁ?

知ってても色々と大人の事情があって言えないんだよねぇ~~~

と~~っても、いやらしい~~ですねぇ~~


大家に怒られて移転云々・・・なんてウワサ話とかも聞くんですが、うちみたいな店にでも入ってくるほどの大きな情報には知らん振りをした上、当然騒ぎもせずにこの業者と一緒にほとぼりが冷めるのを待ってるだなんて、あの方々は誰のための正義と言ってるんだろうなぁ~~、どうせなら政治家になれば大成しそうなのになぁ~~、と思っている今日この頃です。

拍手[0回]


「他店で断られた修理もお問い合わせください」
 
「他店で断られた修理もお受けします」

という業者ばかりになった、今日この頃です。


いやぁ~、どのお店も修理の腕が上がられて、何とも羨ましいかぎりで・・・

という話をしたいのではなくて、いつも不思議に思うのは、どこの業者も上記の様に「他店で断られた修理」を受けているのなら、出来ないと断っている業者はこの世に存在していないはずなんですが。


少なくとも、「他店で断られた修理」と挙げている業者が修理を断るなんてあり得ないはずなので、そもそも当店に依頼も来ないはずなんですが・・・?



ちなみに、当店はお持込の方限定の修理受付分もありまして、お持込できない方は残念ですが他店にご相談くださいと言う事もあります。

これは、当店に運送便で送ってこられた場合は対面での詳細な打ち合わせが出来ないので受け付けられませんと言う意味合いなのですが、この部分について悪意を持ち歪曲して吹聴している業者が当店の商圏範囲内に居ると言う話も聞いているので、よく注意しながら同業者の話を聞いてみるのも一興かと思います。


拍手[1回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]