忍者ブログ

昨日、あのユウメイナアナタノマイスターから、勧誘のお電話をいただきました。

話では、月3500件の問い合わせがあり、稼いでいる登録業者は月40万円売り上げているそうです。


うん、稼いでも40万なんだ~~~・・・・・・


なんていったらいいんだろうか、この微妙な金額は、、、、、、、




しかも、あのアナタノマイスターに断られたお客さんが、うちに相談してきているというのに、またまた勧誘の電話をかけてくるって、、、、

以前にも勧誘の電話があった際に、「おたくで断られた人からの相談がうちに届くってどうなってんのよ?」
とクレームを入れたんですがね ~~?

今回ハッキリと「社内で情報共有はしてません」って昨日の担当者(岡〇)が言っちゃうレベルの会社だから、実情も推して知るべしか・・・・・

逆に、ぜひとも登録して、俺たちの尻拭いをしてくださいって事か???

100万出されてもやなこった。



というわけで、本編サイトにてこのアナタノマイスターで断られた靴特集をやります。

こんな修理でも断るんだね~! といった面白事例を上げますよ。


「これは誰でも直せるから、専門店なら当然直せるわぁ~」
「えっ、断られたって・・・・マジかよ??」
的なスニーカーなんかも上げます。


お楽しみに。




拍手[0回]

PR
えーーー、ダンスコの修理、加水分解した靴の修理問い合わせがチラチラと来ます。

はい、加水分解したソールは修理出来ます。

というかね、どこの修理屋でも出来る修理内容なんです。

ちなみに、うちと同じ様な方式で修理してくれる店舗も、すでに何件か確認してます。

なので、「お引き受けは難しい」と言う修理店があったとしても、実は修理出来るんです。



特に専門店を謳うのなら、出来て当り前田のクラッカーです。



むしろ、最初から「PUは修理出来ません」と断っているのならともかく、「難しい」という表現にしてあるのは(出来るけど)何かの理由があって難しいと言ってるだけですからね。

何かの理由については、例えば手間がかかって馬鹿らしいぜとか、修理のやり方が分からんだとか、カネにならんぞとか、失敗が怖くてできないよとか、メーカーに忖度がありましてというような、何らかの理由があるからだと思いますよ。



ただね、ダンスコのPUソール交換って、すでに専門店でない他の店でも実績があるんですよねぇ・・・



専門店を名乗りながらもミシン掛けのお修理以外は、お修理が「難しい」なんて言っちゃあダメよって事で。


あ、PUソールのお修理に掛かるお値段については、専門店の場合は法外なお値段を言っても良いと思いますよ。

安~いお値段言っちゃうとねぇ、至高の技術を安売りすることになりますからね~~。

ちなみに、専門店に新品の額以上のお修理のお値段を言われたなら、とっとと新品買えよって事だと思います。





拍手[0回]


たまーにですが、うちでは機材の中古販売もやってます。

もちろん、古物商の資格も持ってますので、買い取りの商行為も合法ですよ。

で、機材の引き取りや納品に行くときには、バールやらチェンブロなんかの他に、こういう物も携行してます。





腰袋です。

普段から電工グッズやら無駄な工具が色々と入ってる上に、更にその場で必要そうな工具とインパクトをぶら下げて10kg超えという、本職も避ける的な重さで現場をうろつきます。。。

で、「ちょっとここにコンセント増設してー」とかの依頼も、ついでのサービスでやってます。


ちなみに、作業に必要な資格は全部携行してますので、作業の際は「ほんまに資格持ってるん~?ちょっと見せてよ~」と言ってください。

無資格なのにユニック車を借りて来たりだとかもしてませんので、よろしくです。



拍手[0回]


色んな大学のオープンキャンパス、バンバン広告打ってますね。

私立なんてよほどのブランド校でもない限り、余裕ありませんからねえ。


うちの県でも、「現役国試合格率100%」なんてCM流して学生募集している大学もあったりしますし、他の県では「国試合格率のからくり」を力説している大学があったりと、国試合格率が気になる学生にアピールする大学はいっぱいあります。


ちなみに、国家試験取得を最終目標としている特に医療系の学校とかも、オープンキャンパスなんかのいろいろなイベントをやっておりますから、せっかく興味のある学校のオープンキャンパスに行ったのなら、普段の講義内容と国試対策について根掘り葉掘り聞きましょう。


根掘り葉掘り聞いた時に、謎の言葉を発する担当者がいる大学があったとしても、素敵やん。
同じ大学なのに、ある学科は「国試合格率100%ですぅ~」と自慢していても、違う学科は国試の合格率には一切触れないユニークな取り組みをしている大学なんかも、違う意味で最高だと思いますよ。


高校生の皆さん、オープンキャンパス楽しんできてくださいね~~

拍手[0回]


昔に聞いた話を思い出したので。


ある国家資格を取るために、資格学校に入っていた方の話です。

その学校で資格の勉強をし、さあ本年度が国家試験の受験年だという時になって、国試担当の講師が他の学校に引き抜かれたそうです。

その引き抜かれた講師、凄腕の指導者で国試合格率を上げるキーパーソンだったとのことで、その指導者が居なくなった学校の国試対策はもうズタズタ、当然ですが大量の不合格者を生産したとのことです。



あれ?



なんかひっかかることがあるぞ・・・


確か、違う業界のある指導者は過去「わが校の国試合格者はなんと100%である」とか言ってたのに、この指導者が学校を変わると移動先の学校はワースト常連校に・・・・

でも、移る前の学校は、今でも合格率100%を出したり、常にトップ付近を維持しているという・・・


これってどういうこと?



あぁっ?!
なんか解ってしまったかも!!!




あの時「わが校は国試合格率は100%である」とか言ってたけど、今までの実績を見ていく限り、結局のところ虎の威を借る狐さんってことかなぁ。



そういうことを考えてしまう、今日この頃でした。





拍手[0回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 靴。修理。その他。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]